久しぶりに無茶をやっています!

まだ窯の温度計は700度以上ありますが、早く窯出しをしたいので窯の蓋を少し開けました。
バブルの頃は、1,200度ほどで窯が焼き上がると、すぐに、これ位蓋を開けていました。
そして窯出しの時は綿の軍手を二重にはめて、軍手を焦がしながら作業していました。
毎日これを続けていたときは指の指紋が消えてしまっていました。
久しぶりにそんな頃を思い出しています。

窯を冷ます
高温で真っ赤な窯です
窯を冷ます
高温で真っ赤な窯です
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。